1. HOME
  2. ブログ
  3. クリエイティブ
  4. 「展示会出展した。」だけで終わってませんか?

BLOG

ブログ

クリエイティブ

「展示会出展した。」だけで終わってませんか?

展示会は国内外を問わず、目的を持った来場者が集まり、多くの企業に接触でき、直接サービスや製品をアピールできる場所でもあります。展示会出展企業にとっては、非常に重要な機会となっています。展示会の出展までには多大なコストと準備に時間がかかります。たとえ出展をしても、それが成果に繋がらなければ何の意味もありません。
私たちは、展示会出展が成果に繋がるための、「企画準備」「当日運用」「事後フォロー」の3つにフェーズに分けてご支援いたします。自社の展示会の出展効果に課題を持つ企業様には必見です。

企画準備

「なぜその展示会に出展するのか?目的を決める」

ビジネスの基本で、まず初めに重要なのは、「なぜ展示会をするのか」を考えることです。特に出展目的はその後の準備内容にも影響してきます。明確に決めることが大切です。

例えば・・・
・多くの見込み顧客リストがほしい
・顧客を見つけて、売り上げに繋がる商談を行いたい
・社名や商品の名前を憶えてほしい

目標数値を出来るだけ明確にしましょう

見込み客獲得やサービス認知など、目的は様々ですが、まずは名刺の獲得目標を設定することをお薦めします。

例)過去の展示会来場者のうち自社のブース前の通路を通りすぎる通行人の予想数

・出入り口付近と会場奥、本通路と枝通路では人の導線が異なります。一旦、全通行者の予想数を算出し名刺交換ができる目標数を設定してください。

獲得名刺のランク分けの定義づけ

獲得した名刺を、ただもらいっぱなしにするのではなく、応対した雰囲気から見込み度合いを推し量りランク分けすることが次の営業活動の効率化に繋がっていきます。展示会前にランク分けの定義をあらかじめ決めておき、展示会出席者同士で共通の認識にすることが重要となります。

◎定義づけの例
A・・・商品に興味があり商談が出来そう

B・・・商品に興味はある→商談可否不明

C・・・商品に興味はある→予算感の欠如、決定権なし

D・・・全く興味なし・目的不明→営業対象外

展示会における役割分担・人員配置と当日スケジュール

展示会当日のイメージから、運営の責任者、集客担当、接客担当(説明やデモンストレーション)は、明確に役割分担を決め各業務に専念することが重要です。誰がいつ休憩時間を取るかなどを事前に決定しておくことで、効率的な運用ができます。運営人数の少ない時でも計画的に行うことで、展示会当日の成果は変わってきます。

関連記事