言葉に落とし込む大切さ

言葉はブランド・アイデンティティを形成し、企業の本質を表現するために非常に重要です。以下は、ブランド・アイデンティティを設定する上で言葉が果たす役割に関する要点です

ていねいでやさしい言葉

企業の根本になる言葉は、ていねいでやさしいものであるべきです。理解しやすく、解釈の振れ幅が少ない言葉が、広く共感を呼び起こしやすくなります。

 

 

ブランドの本質とは

ブランドはすでに企業に根ざしており、その本質は会社の顔のようなものです。過去の実績や顧客支持が、企業のブランドを形成している可能性があります。

 

 

会社の存続理由

ブランド・アイデンティティは、会社を存続させる理由を示すものであり、経営者やスタッフと協力して見つけ出されるべきです。それがなければ、製品やサービスを選ぶ理由が不足します。

 

 

言葉によるブランド・アイデンティティの具現化

言葉はインタビューやセッションを通じて、経営者や部門長、ラインスタッフと協力して見つけ出され、全員が理解できる言葉に落とし込まれます。

 

 

ブランド・アイデンティティによる仕組みの構築

正しいブランド・アイデンティティを設定することで、企業内に以下のようなしくみが生まれます

・ブランド・アイデンティティに基づいたプロモーションの展開

・ブランド・アイデンティティに即した考え方や行動の実践

・ブランド・アイデンティティを基準に判断が行われる

 

 

言葉の重要性

社内向けや外部向けのブランディングキャンペーンを展開する際、その中心を言葉が担っています。言葉は旗のように機能し、企業を動かし、新しい始まりを可能にします。

 

 

ブランド・アイデンティティの下でのプロモーション展開

ブランド・アイデンティティに基づき、企業の本質に即したプロモーションが展開されます。これにより、一貫性が保たれ、企業のメッセージが効果的に伝わります。

 

 

考え方と行動の実践

ブランド・アイデンティティが企業の考え方と行動に反映され、従業員が共通の理解を持ち、一体感を生み出します。

 

 

判断の基準

ブランド・アイデンティティに照らして判断が行われ、企業の活動がブランドと一致しているかどうかが確認されます。

 

 

言葉が正しく選ばれ、ブランド・アイデンティティに対する理解を深めることで、企業の一体性が高まり、共感を呼ぶ力が向上します。